【歯科医に聞いた】1歳過ぎの赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時の対処法!歯磨き粉必要?

赤ちゃん 歯磨き
この記事は約5分で読めます。

赤ちゃんって歯磨きスムーズですか?嫌がったりしませんか?興味も持つ子もいると思いますが、どうしても嫌がってしまう。

子供だからと言えど、必死!!!ケガをさせないように押さえるのもシンドイ・・・。

大切なことはわかっていても、なんで歯磨きを嫌がるのか、嫌がるのを無理に歯磨きしなければならないのか。悩み過ぎてしまうママもいるっていいますよね。

今回は赤ちゃんが歯磨きについて、どうしたらいんだろう?をかかりつけの歯科医師に聞いてきました。

先生に教えてもらったことに合わせて、ある方法で我が家はすっかり歯磨きで嫌がることもはなくなりました

もちろん乳歯が揃っても虫歯は一本ありませんし、今でも歯磨きは自分から進んでやってくれています。

どんな方法か紹介します。

赤ちゃんが歯磨き嫌がるのですが、よい対策ありませんか?

泣き叫ぶ 子供

歯磨き=嫌な時間という印象を変えるのが一番です。

1歳半であればある程度好きなものがはっきりしてくるころだと思いますので、好きなキャラクターのデザインの歯ブラシを買うなどをお勧めします。

個人的にお勧めなのは「アンパンマン」の歯ブラシ。

アンパンマンって子供にとって絶大な人気がありますし、口の中の「ばいきんまん」をアンパンマンの歯ブラシを使って「アンぱーんち」とか「待て待て~」なんてコミカルにしゃべりながら歯磨きをしてあげると案外喜んだりします。

赤ちゃんどうして歯磨きを嫌がるのでしょうか(涙)

自分の意志と反して口の中に異物を入れられて引っ掻き回されているからです。

おそらく本能的に危険を感じているか、これまでに歯磨きを通して起こった不愉快な記憶が残っているのでしょう。

これはごく自然な反応であり、心配しなくても大丈夫です。

歯磨きをムリにしなければなりませんか?

なお赤ちゃんでも歯磨きは必須です。

必死に抵抗されると親として歯磨きするのはつらくなってしまいがちですが、今からきちんと歯を磨く習慣をつけておかないと将来虫歯になって苦労する可能性が高まります。

研究によると、虫歯の原因は口の中の常在菌などの細菌叢や酸、アルカリ、唾液の成分などによって歯を磨かなくても虫歯ならない人もいるとのデータもありますが、赤ちゃんの頃から口腔内のいわゆる”悪玉”と呼ばれている細菌を除去してあげることで虫歯になりにくい環境を構築することができる、という研究もあります。

赤ちゃんの歯磨きを始めるタイミングはいつからが良いですか?

歯磨きは必要?

お子さんの成長によって多少個人差はありますが、歯が生えるのが早い子であれば生後6か月くらいすると生え始めてきますので、その時が歯磨きを始めるタイミングです。

歯が生えてないのに歯磨き(歯ぐき磨き?)をする必要はありません。

1日の歯磨きの回数はどのくらい?

最初のうちは一日一回、寝る前に簡単に磨くことで慣らしていくのがよいでしょう。

そしてはじめのうちは大人のように毎食後歯を磨く必要はありません。

というのも特に赤ちゃんの場合、歯の表面が汚れるというより歯と歯の間やちょっとした影になるところの汚れが取れない、というのが問題だからであり、歯が生えそろってない赤ちゃんの場合、そういったリスクはそれほど高くないからです。

歯の表面につくようなほとんどの汚れは、唾液や口内運動により意外と上手に流されていきます。

赤ちゃんの歯磨きで舌が邪魔して上手に見れません。

舌が邪魔だからと言って手で押さえたりすると「オエッ」とえずいてしまうこともありますし、「歯磨き=嫌な行為」という印象をさらに強くしてしまうだけだと思いますのでやめた方がいいとおもいます。

赤ちゃんに歯磨き粉は必要ですか?

赤ちゃん 歯磨き粉

歯磨き粉を使って歯磨きをすると子供が喜んでくれるというのであれば、歯磨き粉を利用するのもありだと思います。

甘い味やキャラクターデザインの歯磨き粉を使うと抵抗しないというお子さんは結構多いので、そういった意味ではよい製品なのかと思っています。

フッ素入りがいいですか?選択する際に気を付ける点はありますか?

フッ素には歯を強くして虫歯を防ぐ効果があると言われていますが、フッ素だけでは虫歯の予防はできません

またフッ素にはあまり効果がないという学説を唱える学者もいますし、どうしてもお勧めというものではありません。

多くの歯磨き粉には界面活性剤などの化学薬品が含まれており、間違って飲み込んでしまう可能性があるお子さんの歯磨きには、個人的に推奨していません。

歯磨き粉を使って泡を出すといかにも「磨いた」という気分になりますが、実際には気持ちより磨けていないのが事実です。

子供が嫌がらず磨けるようになった歯磨き粉>>

赤ちゃんの歯磨きで特に注意をする点があればご教示いただけませんか。

歯磨きというとどうしても歯の表面の汚れを落とすことに意識が行ってしまいますが、実際子供の歯の表面は大人の歯に比べて非常にツルツルであり、それほど汚れは付着しません。

また仮に付着したとしてもすぐに流れて行ってしまいます。

ということで見えるところをきれいに磨くというよりも、歯と歯の間や歯の根元などの汚れが溜まりやすい所や見えにくいところを重点的に磨くようにしましょう。

しかしそれは当然口の奥に歯ブラシを突っ込むことになり子供にとってはストレスを感じる瞬間ですから、ストレスを少しでも和らげることができるように上手に工夫して行うことが大切です。

そして子供が嫌がるからと言って歯磨きをやめてしまうのは絶対によくありません。根気強く続けるようにしましょう。

まとめ

先生ありがとうございました。

赤ちゃんの歯磨きは可哀そうだとやめてしまうこともありますが、根気強く続けるのが今後のため。

まとめると・・・

  • 赤ちゃんでも歯磨きは必須
  • 歯磨き粉は子供が喜ぶものを!※フッ素じゃなくても可
  • 歯磨き粉は誤飲の可能性が高いため、安全性を重視
  • 歯磨きの回数は1日1回夜に
  • 歯の汚れを落とすことよりも、歯と歯の間を重点的に
  • 歯磨きは嫌がるよりも楽しいへ

赤ちゃん 歯磨き 嫌がらない

先生も「小さいうちは誤飲には気を付けて」ということだったので、安全性の高い歯磨き粉で結果的に「ブリアン」という歯磨き粉で落ち着きました。

飲み込んでも安心ですし、子供が自分で歯磨き粉をハブラシに付けるのも楽しいみたい♪

値段は高めですが、一番効果を実感できた歯磨き粉でした。ブリス菌という希少な菌も加わり虫歯になりにくくなってくれれば御の字!

なんといっても「60日間返金保証」も背中を押してくれました。

歯磨きで嫌がるのは一時かもしれませんが、その一時的なことが原因であとあと大変なことになることもあるそうです。

無理やり羽交い絞めという方法もありですが、歯も歯磨きも一生もの。

トラウマが残らない方法も選択しながら歯磨きは克服できるのが一番かもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました