ブリアン歯磨き粉が使える年齢は?年齢から何歳まで使える?

ブリアン 何歳まで
この記事は約7分で読めます。

ブリアン歯磨き粉は子供の虫歯予防に役立つ!と人気の商品です。効果は賛否両論ありますが。

子供向けとは言え何歳から使えて何歳まで使えるものなのかは疑問ですよね。

何歳から:歯の萌出から
何歳まで:うがいができるまで

主観ですがうがいができる年齢になると食事やおやつも変わるので、ワンランク上げた「フッ化物を導入した」予防法がいいと思っています。

口もすすげるので健康面も気になりませんよね。

ブリアンは正確に何歳までという年齢的な定義はありません。歯が萌出したらすぐ使えるうがい不要の歯磨き粉なんですよね。月齢も気にする必要がない点が魅力です。

自分の子供に何歳になったら使い始めるべきなのか、ブリアン歯磨き粉を使う年齢について詳しく考えていきましょう。

ブリアン歯磨き粉は何歳から何歳まで?

公式ホームページには明確な年齢制限は記載されていませんが、0歳~6歳くらいの子供たちがよく利用していることがわかりました。

他の方の声や子供の口内環境を元に考えてみると・・・ ブリアンは0歳から6歳くらいまで   よく利用されていると考えられますよね。

歯が1本でも生えてきたら歯磨き習慣を

子供の虫歯を防ぐためには、歯が1本でも生えてきた段階で歯磨き習慣をつけさせる必要があります。

まずは先ほどご紹介したようにお父さん、お母さんが子供の歯を一本一本丁寧に磨いてあげましょう。

歯ブラシを持たせるだけでも習慣をつけさせるのには効果的。

食事が終わったら歯磨きをするものという風に毎回きちんとさせることで、子供も自然と歯磨きをするようになります。

幼児期は大人の行動を真似する時期でもあります。

子供の前で自分で歯磨きをしていると、子供もなんとなくでも歯磨きの真似事ができるようになりますよ。

最後はお父さん、お母さんがきちんと子供の口内をチェックし、磨き残しがないようにしてあげてくださいね。

歯磨きの習慣は一日や二日でつくものではありません。

いざ歯が生え揃ってからでは歯磨きの習慣をつけるのが難しく、虫歯ができやすい環境を招いてしまう可能性も。

小さいころから、無意識にでも歯磨きができるような習慣を身につけさせてあげてくださいね。

ブリアン歯磨き粉はゆすげなくても大丈夫

ブリアン歯磨き粉は、こどもの体にも優しい成分でできており、安心して使用することができます。 歯磨き後にうがいをしなくても大丈夫なほど。

うがいをせず、歯磨きのときに出た唾液を吐き出すだけでもOK。

むしろ歯磨き粉の成分が口内に留まり、より口内環境をよくする働きをしてくれます。

まだうがいができず市販の歯磨き粉を使えないような歯が生え始めた時期からすぐにブリアン歯磨き粉を使うことができますよ。

子供に歯磨きをしてほしいけど誤って飲み込んでしまったときが心配…という方は、ぜひうがいも不要なくらいのブリアン歯磨き粉を使ってみてください。

1歳の子供が歯磨きを嫌がる!歯磨き粉は必要?記事を書いているので合わせて読んでみてください。

ブリアン歯磨き粉には何歳までという定義はない

ブリアン歯磨き粉は子供用と言われているものの、正確な年齢制限はありません。

 虫歯の原因となる菌を抑える力のある成分が配合されているので、むしろ使い続けることで虫歯ができにくい口内環境に導いてくれるとも考えられますよね。

しかしブリアン歯磨き粉は定期コースを利用していてもお値段が高めなのがネックですよね。

何歳まででも使い続けることはできますが、ある程度歯磨きの習慣がつき、うがいもきちんとできるようになったら大人と同じ歯磨き粉に切り替えるなど工夫をしてもいいかもしれません。

クチコミの中には幼稚園に入るまではブリアン歯磨き粉を使い続けるという方もいましたし、小学校にいっている間はずっと使い続けるという方も。

家計や子供の反応なども踏まえて、切り替える時期を考えていく必要がありそうですね。

ブリアンが乳児幼児にオススメなワケとは?

ブリアン歯磨き粉は乳児幼児からの使用を非常にオススメしたい!

なぜならば!アンパンマン歯磨き粉で歯磨きが嫌いになった息子がブリアンに変えただけで磨いてくれたから。

ただし歯磨きを極端に嫌がったり、抵抗が大きくないなら必要ないかなって思います。

小さな歯が一本でも生えれば虫歯のリスクは高まります。

本来なら赤ちゃん用の歯ブラシを使って歯を磨いてあげるのがおすすめですが、赤ちゃんは口の中に歯ブラシを入れられるのを嫌がるものだと考えて行動しています。

最初は赤ちゃん用の大人が指にはめるタイプの歯ブラシなどを使って、優しく磨いていくようにしました。

反面生後6ヶ月くらいは赤ちゃんはなんでも口に入れたがる時期です。

このときに歯ブラシを持たせる習慣をつけさせれば、自然と歯磨きをする習慣を身につけさせる練習にもなりました。

次は乳児は何歳?というのをハッキリさせておきましょう。

乳児は何歳から何歳?

乳児はお母さんの母乳やミルクで育つ期間のことを指します。

生後5ヶ月から6ヶ月くらいから離乳食を食べさせ始めることが多いですが、それでもまだ主食はミルクといったところ。WHOは2歳までミルクの摂取を推奨しています。

生後5ヶ月を過ぎると寝返りがうてるようになり、その後ハイハイ、つかまり立ちなどもできるように。

生後12ヶ月を過ぎると歩けるようになる赤ちゃんもいます。

ハイハイや二足歩行ができるようになると好奇心旺盛な赤ちゃんはいろいろなところに一人でいくようになり、ちょっと目を離すだけでも危険なことも。

細心の注意を払って子育てをしなければならない時期です。

次は幼児が何歳か知っていましたか?

幼児は何歳から何歳?

一方で幼児とは、児童福祉法によると満1歳から小学校入学前までとなります。

幼児期に入ると脳がどんどん発達し、言葉も覚えていきます。自分の感情を表現するようになり、イヤイヤ期、反抗期が始まることも。

3歳、4歳頃から保育園や幼稚園に入ると集団生活に慣れていき、社会性が身に付きます。

人見知りが多少改善されることもありますが、こればかりは性格によるので一概にこうなる、とは言いにくくなります。

この時期には多くの生活習慣が身につくようになります。食事、朝の準備、就寝などなど…。

この時期にきちんと歯磨きの習慣をつけさせることで、大人になるまできちんと自分で歯磨きができるようになることでしょう。

感染の窓

乳児幼児の期間には歯科関係者が「感染の窓」と呼ぶ時期があります。それが1歳7ヶ月ごろから2歳半くらいまでの間。

もともと赤ちゃんの口には虫歯菌の元となる菌はありませんが、この歯が生え始める時期に大人の唾液を通して虫歯菌が赤ちゃんの口内に住み着くようになってしまうのです。 大人と同じ食器を使わせない、うがいをするコップを分ける、また大人も歯磨きを徹底するなどして感染を抑えることができます。

虫歯菌とも呼ばれるミュータンス菌が口内で増殖すると虫歯ができやすい環境になってしまいます。

この時期に感染し、虫歯ができやすい口内環境になると一生虫歯ができやすい体質になってしまうとも言われており、慎重にお口のケアをしていかなければなりません。

また、歯が生えそろうこの時期は奥歯、犬歯など磨きにくい場所も増えるため、とくに感染や磨き残しには注意しておきたいですね。

まとめ

ブリアン歯磨き粉が使える年齢は?年齢から何歳まで使える?をまとめると、

  • 歯が一本でも生え始めたら歯磨きのために
  • 乳児幼児期に歯磨きの習慣をつけさせることが大事
  • うがいができない内からブリアン歯磨き粉は使える
  • ブリアン歯磨き粉は何歳からでも使えて年齢制限はない

以上のことから、ブリアン歯磨き粉は子供の年齢関係なく小さい頃から大きくなっても使い続けることができます。

乳児から幼児まで広く使えるのがブリアンでした。年齢にすると数か月~5歳というのが当てはまりそうです。

またブリアン歯磨き粉は返金保証があり、60日以内なら使い切っていても返金が可能。

使ってみて子供が嫌がる、使いにくい、使い続けられないと感じたら「ブリアン」の定期コースを申し込んでいても返金してもらうことができます。

ブリアンは返金保証を利用できるは公式サイトからの購入のみ。楽天やamazonで購入した場合は単品購入になり価格も高く、返金保証も受けられないので注意しましょう。

ブリアン歯磨き粉を使ってみたいけどいきなり購入するのはちょっと…という方は、ブリアン公式サイトの返金保証に関してもよくチェックしてブリアン歯磨き粉を使い始めてみてください。

コメント