子供用歯磨き粉はどれがいい?選び方の注意点とコツ特集

子供用歯磨き粉の選び方注意点選び方のコツ
この記事は約7分で読めます。

口腔内を清潔に保ち虫歯を予防するためには、子供のころから歯磨きの習慣を身につけることが重要です。

子供に歯磨きの習慣を身につけさせるには、子供にとって磨きやすい歯磨き粉とはどんなものなのかをきちんと考えて、商品を選ぶ必要があるでしょう。

子供用歯磨き粉にもさまざまな種類があり、特徴や効果も違ってきます。

今回は子供用の歯磨き粉についての詳しい情報や選び方のポイント、おすすめの商品などについて、わかりやすく紹介します。

子供用歯磨き粉に特徴や種類があるの?

子供用歯磨き粉の目的は虫歯を予防のための薬用成分(フッ化ナトリウム)と歯磨きを習慣化させるために甘味料などが使われています。

また飲み込んでも身体への影響が少なく、子供の好みの味がついているといったことが特徴です。

ペーストタイプのものは、価格が安いものが多く種類も豊富、泡立ちもよいので人気があります。

しかし研磨剤が入っているため、幼い子供には向いていない場合もあるでしょう。

ジェルタイプやフォームタイプは泡が立ちにくく、刺激も少ないし、口全体に成分を行渡らせることが可能なので、子供にとって使いやすい歯磨き粉であるといえます。

フォームタイプは最初から泡状になっている歯磨き粉です。泡立てる手間が省けるため、面倒なことを嫌がる子供に向いているといえるでしょう。

洗口液タイプは、口の中でぶくぶくとうがいする形で口腔内を洗浄します。うがいができるようになった子供が使用することができるタイプです。

単独で使うというよりも、歯磨きと並行して使う場合が多いです。

大人用との違いとしては、研磨剤が少ないか入っていない、あるいは刺激が少なく身体への影響が少ないといったことがあげられます。

子供用歯磨き粉が持つ効果は?重要性も知りたい!

子供の歯磨きが特に重要なのは、子供の歯の表面を覆うエナメル質は不完全で虫歯になりやすいからです。

そのため子供用の歯磨きには、虫歯を防ぎ歯質を強化する働きのあるフッ素やキシリトールといった成分が入っているものが大半です。

歯垢を取り除き、新たな歯垢がつくことを防ぐため、虫歯になりにくくすることができるのです。

歯の着色も取り除いてくれるので、見た目にもきれいになります。

口腔内が清潔になることにより、口臭を除去し予防するといった働きも期待できます。

子供の頃に歯を守らないと、つぎに生えてくる永久歯にも悪い影響を与えてしまいます。

虫歯になる時期が早いほど、大人になっても虫歯になりやすくなってしまうともいわれているのです。

子供の頃から虫歯予防効果のある歯磨き粉を使うことは、将来的に健康な歯を保つためにも、大切なことであるといえるでしょう。

歯磨き粉を選ぶ前に!気をつけなければならない3つの注意点

子供の使う歯磨き粉を選ぶ前に気をつけるべき点を把握しておきましょう。

  1. 大人用は選ばない
  2. 研磨剤は避ける
  3. うがいができるか判断する

まず子供の使用する歯磨き粉は、大人用のものとは違うということを理解しておく必要があります。

大人の場合はペーストタイプのものを使っている人が多いですが、子供の場合は最初からペーストタイプのものを使うと、刺激が強すぎて歯磨きが嫌いになってしまう恐れがあります。

また子供の歯はエナメル質が弱いので、研磨剤が無配合のものを選ぶようにしてください。

はじめのうちは刺激も弱く泡立ちがないタイプの製品がよいでしょう。

子供の歯磨きは1人でもできるように習慣化させることが大切です。

そのためにも、子供が歯磨きを嫌いにならないよう歯磨き粉選びには十分注意する必要があります。

どんな歯磨き粉にすればいい?選び方のポイントは?

子供の歯磨き粉を選ぶ際は、まず歯の生え具合からチェックしてみましょう。

前歯が生えてきたら少量の歯磨き粉を使って大人が磨いてあげるようにします。

うがいの必要がないものがよいでしょう。歯がもろいので研磨剤の入っていないものを選ぶようにします。

歯磨き粉には、フッ素やキシリトールなど虫歯を予防する成分が含まれているものを選ぶことがポイントです。

とくにエナメル質の形成不全の疑いがある場合は、フッ素が多く含まれる歯磨き粉がおすすめです。

学童期になっても研磨剤は少ない方がよいですが、歯の汚れが気になるようならば、研磨剤が入った歯磨き粉を、1日に1度だけ使うようにするなど、研磨剤が入っていない歯磨き粉と併用して使うといった方法もあります。

 

口臭が気になる場合は、洗口液タイプの製品を併用してもよいでしょう。

学童期になって自分でしっかりと磨けるようになったならば、ペーストタイプの泡立ちのよいものを使用しても大丈夫です。

子供歯磨き粉を紹介します

子供歯磨き粉に限らず数多くの歯磨き粉を見たり使っていますが、飲み込んでも安心な歯磨き粉はほとんどないのが実情です。

どちからというと通販の方が子供の誤飲を前提に販売している子供歯磨き粉が多くあることを実感しています。

大きな薬局やドラッグストアでは取り扱いもあるかもしれません。

歯が生えたらすぐに使える子供歯磨き粉から紹介します。

ブリアン

年齢:歯が生えたら

味:いちご

フッ素:未配合

ウィステリア製薬が販売している「ブリアン」です。歯科医が子供を第一に考えて開発した歯磨きの習慣化を目指した製品です。

有効成分はBLIS M18(ブリス)という成分で、歯垢を分解する酵素や虫歯菌が活動しにくくする働きをもつ善玉菌と研究結果がありました。

ウガイも不要で飲み込んでも安心できる!子供が率先して歯磨きしてくれると口コミが多いのも特徴です。

しかしお子様全員が気に入るとは限らないので、公式販売サイトで返金保証を利用するのがよさそうです。

アロベビー歯磨きジェル

年齢:歯が生えたら

味:オレンジ

フッ素:未配合

アロベビー歯磨きジェルはベビーケアやマタニティ製品を販売している会社が販売しています。アロベビーミルクローションというと名前を聞いたことのあるママも多いかなって思います。

オレンジ味でうがいも不要!キシリトールとクリスパタス菌、マスティックを配合した天然食品原料だけで製造されています。

無添加、無着色で国産100%のオーガニック歯磨きジェルです。

ジェル状歯磨きプチキッズ

年齢:1歳6カ月から

フッ素:配合

虫歯を予防するフッ素とキシリトールが配合されているジェルタイプの歯磨き粉です。 味は、イチゴ、ブドウ、キシリトールの3種、うがいができなくても安心して使える成分でできています。

クリニカKid’sジェルハミガキ

年齢:3歳から

フッ素:配合

やわらかなジェル状なので、口の中にくまなく広がり、虫歯予防のフッ素を行き渡らせてくれます。 食品使用成分と同様の成分で作られているので、安心して使用することができます。

子供の好きなイチゴ味とグレープ味の2種類から選べるのも嬉しいところでしょう。

おすすめはどれ?効果的で子供にも嬉しい歯磨き粉の特徴は?

子供用の歯磨き粉は、虫歯予防が第一の目的です。

そのためフッ素やキシリトールといった虫歯を予防し、歯の質を高める成分が入っている製品がおすすめです。

虫歯を予防し歯垢を除去する効果があるといわれているBLIS M18という善玉菌を含む製品も最近注目されています。

虫歯予防効果だけでなく、子供が飲み込んでも害がないといったことも、子供用の歯磨き粉には重要な要素です。

虫歯を防ぐためには必要なフッ素ですが、幼いうちには身体のためにも、濃度が低いものを選びましょう。

また幼い子供には、刺激が弱く泡立ちが少ない歯磨き粉が適しています。

子供が嫌がらずに使えるように好みの味になっていること、親しみやすいキャラクターが起用されていることなども大切です。

子供が、歯磨きをすることが楽しいと感じられるように、工夫をしてあげましょう。

子供の歯磨き粉デビューはいつから?使い方は?

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるべき?歯のない時期には歯磨きをする必要はありません。

しかし歯磨きが必要になったときにしやすくするために、口の中にものを入れることを慣れさせる必要があります。

口の周りをやさしく触ることからはじめて、慣れてきたならば、清潔な指で歯茎を軽くなでるようにしましょう。

歯が生え始めたならば、ガーゼでやさしく拭うようにします。

前歯が4本生えてきた頃に、歯ブラシを使うようにしましょう。

幼い頃の歯茎は傷つきやすいのでやさしく磨くようにします。2歳くらいまでは歯磨き粉を少量使って、親が磨いてあげるようにしてください。

子供が自分で磨けるようになったならば、少しずつ歯磨き粉の量を増やしていきましょう。

小学校に上がる前には、しっかりと自分で歯磨きを行う習慣を身につけさせることがポイントです。

なお歯磨き粉に含まれるフッ素は、口の中に残ってこそ虫歯予防の効果を発揮するので、うがいは軽めにするように指導しましょう。

効果や子供の気持ちを考えて… 最適な歯磨き粉を選ぼう

虫歯を予防するためにも、フッ素やキシリトール、またはBLIS M18などの、虫歯を防ぐ効果の期待できる成分入りを選ぶのも一つの選択ですが・・・

子供は歯磨きを嫌がることがYahoo!知恵袋にもたくさん悩みが寄せられていますよね。

幼いころに虫歯が多いと、永久歯が生えそろった後にも悪い影響を及ぼしてしまいます。歯磨きの習慣を早いうちから身につけさせることが重要となります。

子供が歯磨きを嫌いにならないように、子供の気持ちを考えて最適な歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

泡立ちが少なく刺激の弱いジェル状のものや、ゆすぎがいらない歯磨き粉もオススメです。

虫歯を防ぐ効果があり、子供の好きな味付けがされていて、身体にも優しく、衛生面でも安心して使える歯磨き粉を、子供のために慎重に選んであげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました