仕上げ磨きにオススメしたい歯ブラシCi602が子供も嫌がらず使いやすかった!

ci602
この記事は約3分で読めます。

お子さんの仕上げ磨き毎日してますか?

仕上げ磨き用のハブラシは薬局やドラッグストア、通販でも販売してますし歯医者で買ったほうがいいとか。どれがいいのかワカランというのが正直な感想じゃないですか?

1本あたりの値段とコスパだけ気になってしまうものですね。

タフトやマミーという歯ブラシを聞いたことがある方も多いのではないしょうか。

今回使ってみて良かったのが、Ci602というシーアイメディカルという会社が販売している仕上げ磨き用ハブラシです。

Ci602 仕上げ磨き用歯ブラシとは?

Ci602は楽天市場のランキングでも上位に入る知る人ぞ知る仕上げ磨き用歯ブラシ

仕上げ磨きブラシの特長

Ci602の特長はロングネックでスモールヘッド。歯科医院専売は1本あたりの値段が高い印象がありますが、ナイロンを採用しており毛先も長持ちする優れもの。

キャラクター付きの子供用歯ブラシで仕上げをするよりも嫌がりませんよ。

1本100円と値段もコスパがいいので一度見てみてみる価値はありますよ。まとめて買うとさらにお得になります。

キリンの袋が目印です。

仕上げ用の歯ブラシと子供が使う歯ブラシはわけるべき?

仕上げ用の歯ブラシと子供が使う歯ブラシは別々にしましょう。

噛み癖のあるお子さんも多いと思いますが、子供は歯ブラシを噛みながら慣れる部分もありますし。毛先が開いてしまって、ヤレヤレと心労を溜める必要もなくなります。

毛の開いた歯ブラシで磨くよりも、仕上げ用に分けた歯ブラシだとよりキレイに除去できるようになります。

仕上げ磨き用歯ブラシの選び方

仕上げ磨き用歯ブラシに選ぶポイントは3つ。

  • 毛先の固さ
  • ヘッドの大きさ
  • 密毛

毛先の固さ

仕上げ磨きで子供が嫌がる原因の一つに歯ブラシの硬さで歯肉に当たり痛いということも。歯肉へのあたりソフトなものを選ぶのオススメです。

Ci602は普通。Ci603は柔らかめになっています。

ヘッドの大きさ

ヘッドの大きさはコンパクトなヘッドで1本ずつ奥歯まで磨きやすいのがポイント。丁寧な仕上げ磨きに繋がります。

密毛

歯ブラシは毛量の多さも実は重要です。毛の植毛密度が高ければ、虫歯の原因となる歯垢を取り除きやすくすることができます。ただし密度が高い分、乾燥しにくいデメリットもあり細菌繁殖しやすい点もあるので定期的な交換は必須です。

仕上げ磨きに電動歯ブラシという選択肢も

最近では子供用歯ブラシの仕上げ磨き専用の電動歯ブラシというものも多く販売されています。

パナソニックのドルツの仕上げ磨き用の評判がいいですが、すでに生産が終了されていました。現在の在庫分だけということになりそうです。

歯磨きが難しい子供に利用がオススメという口コミありましたが、電動歯ブラシ使い方次第で歯肉を傷めたり、虫歯にしてしまうこともあります。

要は使い方次第なわけです。

そして専用替えブラシが必要になる点もコストパフォーマンスもいいとは言えないんですね。

電動歯ブラシを使ったからといって歯磨きが好きになるわけでも、虫歯がゼロになるものでもないことを知っておいてほしいなって思います。

スキンシップも兼ねた仕上げ磨きに取り組んでみてはいかがでしょうか。歯ブラシはそれぞれ使い方や特長あるため、キャラではなく実感で選んでみてはいかがでしょうか。

子供が嫌がらないフロスも合わせて下記記事でまとめています。合わせて読んでみてください。

あわせて読みたいブリアンキッズフロスで子供もフロスデビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました