【衛生士さん聞いた】シーラントに注目!子どもの虫歯を予防できる効果はどのくらい?

シーラント 虫歯予防
この記事は約11分で読めます。

シーラントという言葉を歯医者さんで聞いたことありますよね!

シーラントについてどのくらいご存知ですか?歯の深い溝をプラスチックで埋めて予防するという方法です。

衛生士さんにシーラントの虫歯予防効果やメリットだけじゃなく、デメリットについて聞いてまとめました。

子供の歯が虫歯になりやすい奥歯の溝に虫歯ができないよう行う虫歯の予防法が、シーラントというものです。

一度塗布したからと一生取れないものではありませんし、歯磨きを上手に行えない子供に最適な虫歯予防法です。

シーラントをするなら、どのくらい虫歯予防の効果あるのか知りたいですよね。

シーラントで子供の虫歯を防げる効果

シーラントを行うことで、生え始めたばかりの柔らかく弱い歯を虫歯から守ることができます。

シーラントで予防法を行う場合、予防効果のある歯に施すことになります。

対象となる歯には、①下の第一・第二大臼歯、②下の第一・第二小臼歯、③上の第一・第二大臼歯、④中心結節歯、などがあります。

①下の第一・第二大臼歯

①下の第一・第二大臼歯は、6歳頃に生え始める6歳臼歯も含まれており、生えてきたら一生使い続ける歯です。

6歳臼歯は最も大きく、咬み合わせの際に最も強い力が加わるため、虫歯になりやすいです。従って、生えてきたらまず予防処置を施します。こうすることで、大人になっても虫歯にならずに健康な大臼歯を維持できます。

②下の第一・第二小臼歯

②下の第一・第二小臼歯は、大臼歯に比べて溝は小さいですが、大臼歯よりも深さのある溝をしています。そのため、歯みがきをしても食べカスが溝に残りやすいです。この溝を埋めることで、食べカスの侵入を防ぐことができ、健康な歯を維持できます。

③上の第一・第二大臼歯

③上の第一・第二大臼歯は、鏡を見ながら歯みがきをしても見えにくく、お子さんだけでは上手く磨けない部分です。特に一番奥にある第二大臼歯は、きちんと磨いていると思っても磨き残しが多く、プラークの原因になります。予防に効果的な磨き方を実践しても上手く改善できない場合には、シーラントを施すことで予防することができます。

④中心結節歯

④中心結節歯とは、永久歯の小臼歯にできやすい歯の異常で、歯の生え始めや生え替わりによく折れることがあります。

中心結節の中には神経が通っているため、折れることで様々な症状が出ます。

例えば、神経が出てしまい、食べ物や飲み物によって痛みを生じたりします。また、歯茎が腫れることもありお子さんにはとても辛い症状が出ます。

中心結節の破折を防ぐためには、折れる前にプラスチックなどで固めて補強するのが効果的です。そこで、予防策としてシーラントを施すことにより、中心結節の補強ができ破折を防ぐことができます。

もし、中心結節が見つかったら早期に行うことが大切です。

シーラントによる虫歯予防効果を得るためには、施術をうけるタイミングがあります。

予防効果を得ることができるのは、乳歯や永久歯が生えてから約3年~4年の間です。

乳歯が生え永久歯に変わるまでの期間

なるべく早い段階で溝の深い部分や複雑な形状をしている部分に施します。さらに、6歳頃に生えてくる6歳臼歯や、12歳頃に生えてくる12歳臼歯も、生えてきたらなるべく早い段階で施すことが効果的です。

シーラントは4年以上で約60%の虫歯予防効果があるとされています。またプラスしてフッ素塗布などを施すことで、その効果は更に高くなるとされています。

かかりつけ医の歯科医に相談して、最適なタイミングで行うと良いでしょう。

シーラントのメリット

シーラントを施すことで、様々なメリットを得ることができます。

  1. 虫歯を高い確率で予防
  2. フッ素併用で効果を高める
  3. 歯質強化
  4. 歯の溝を削る必要なし
  5. 保険適用
  6. 時間短縮

①虫歯を高い確率で予防

1つ目は、虫歯を高い確率で予防することができます。

乳歯や永久歯が生えてきた段階で歯の溝を埋めることにより、虫歯の原因となるプラークなどの付着を防ぐことができるため虫歯予防効果が得られます。

適切なタイミングで行うことにより、その予防効果も高まります。

②フッ素併用で効果を高める

2つ目は、フッ素塗布との併用で予防効果を高めることができます。

この予防対策を施すことで、4年以上の虫歯発生確率を60%以上防ぐことができるようになります。

さらにフッ素を塗布することによりその確率を高めることができ、さらに虫歯の出来にくい歯にすることが可能です。

③歯質強化

3つ目は、歯質の強化にも効果的なことです。

シーラントの樹脂にはフッ素が含まれているものがあります。

フッ素が含まれていることで、歯に塗布された樹脂から少しずつフッ化物がでできて再石灰化を促進させるので、歯質を強化し子供の弱い歯を保護してくれます。

④歯の溝を削る必要なし

4つ目は、歯の溝を削る必要が無いことです。

歯を削ることは、元の歯に戻すことができなくなるばかりか、歯を薄くして弱くしてしまいます。

お子さんにとっては歯を削る行為は恐怖心を与えることでもあります。

この方法では虫歯になる前の段階で溝を埋めるため、歯を削る必要がなくお子さんに負担をかけません。

⑤保険適用

5つ目は、保険適用の対象なので安心して受けることができます。

この予防対策は保険適用の範囲内となっています。

歯1本につき約400円~600円程度と非常にリーズナブルです。

価格はクリニックにより多少異なりますが、それほど差はありません。

  • 保険適用:初期虫歯と診断された乳歯、生えたばかりの6歳臼歯。
  • 自費診療:虫歯がない歯、100%の予防対策のため行う。1本あたり2000円位※クリニックより異なります。

⑥時間短縮

6つ目は、短時間でできることです。

歯の形状にもよりますが、ほとんどの歯は1本につき約15分程度となっています。

お子さんに行う処置であるため、長い時間行うことはお子さんに負担をかけてしまいます。

子供が小さいほど長い時間待つことは難しく、暴れてしまうと施術も行えなくなってしまいます。

シーラントならば1本につき15分程度で行えるため、お子さんにも負担をかけにくいです。

このようにシーラントは適切なタイミングで処置を行うことで、数多くのメリットを得ることができます。

虫歯予防だけでなく、歯の溝にできる中心結節の破折を予防することもできます。

中心結節

中心結節は下の第二小臼歯に起こることが多い歯の異常で、歯の溝の部分に突起ができます。発生率は1%~4%とかなり低い確率ではありますが、この突起には神経管があるので折れてしまうと痛みを引き起こします。中心結節の部分にシーラントを施すことで突起部分を強化することができ、折れるのを効果的に防ぐこともできます。

シーラントのデメリット

シーラントには多くのメリットがありますが、一方でデメリットもあるのでその点もしっかりと考慮する必要があります。

  1. 歯の溝にしか処置ができない
  2. 一度処置をしても剥がれてしまう
  3. 虫歯になる可能性も十分にある
  4. 定期的に健診が必要
  5. 樹脂に含まれる素材の危険性

①歯の溝にしか処置できない

1つ目は、歯の溝にしか処置ができないことです。

この虫歯予防は、生え始めの乳歯や永久歯の溝を埋めることで、子供さんの歯を虫歯から防ぐのが目的です。

従って、歯と歯の間などには処置ができません。

②一度処置をしても剥がれてしまう

2つ目は、一度処置をしても剥がれてしまうことがあります。

シーラントは、歯の溝に樹脂を流し込み、特殊な光を当てて樹脂を固めます。

こうすることで、樹脂が溝に密着して虫歯を防ぐのです。

しかし一度処置をすれば半永久的に剥がれないというわけではありません。

溝の形状や歯の使い方によっては剥がれてしまうこともあり、そのような場合にはもう一度処置を行う必要があります。

③虫歯になる可能性がある

3つ目は、虫歯になる可能性も十分にあるということです。

処置を施すことにより高い確率で虫歯を予防することができますが、決して100%ではありません。

例えば、処置を施す前に、溝に侵入した食べカスや汚れなどをきれいに取り除かないでそのまま埋めてしまうと、そこから虫歯になる可能性があります。

従って、処置前の歯の洗浄は非常に大切になります。

シーラントを施したからと言って正しい歯みがきをしなかったり、歯みがきを怠ったりすると、虫歯になる可能性が高いです。

この予防対策を施しても、きちんとケアは行っていく必要があります。

④定期的に検診が必要

4つ目は、定期的に健診が必要になることです。

一度処置をしたらそれで終わりのような気がしますが、樹脂は剥がれてしまうこともあるため、クリニックによっては定期的に健診に訪れるよう指示されることが多いです。

虫歯治療のように、歯を削って詰め物を施すのとは異なるため、詰め物よりも剥がれ安いのが現状です。

樹脂が剥がれてしまうと、その部分が虫歯になる可能性が高くなります。

そのため、定期的に歯医者でチェックを受けることが必要となります。

⑤樹脂に含まれる素材の危険性

5つ目は、樹脂に含まれる素材の危険性が心配なことです。

シーラントの種類によっては、フッ素が配合されているものがあります。

フッ素には、歯に塗布することで虫歯を防ぐ効果があり、多くの歯科クリニックで虫歯対策の方法として用いられています。

フッ素は従来よりその有毒性が懸念されてきました。

現段階では、フッ素の虫歯予防効果だけが広く推奨され、有毒性に関しては問題視されていません。

フッ素を大量に摂取すると人体に有毒であることは実証されています。

歯の処置で使用されるフッ素の量は、人体に悪影響を与えること無い安全な量ではありますが、シーラントはお子さんに施す処置であるため、心配な場合にはフッ素を配合していない素材を選ぶようにするとが安心でしょう。

シーラントの虫歯治療法とは

お子さんの歯を虫歯から守るためには、虫歯予防がとても重要となります。

その予防方法にはキシリトールガムを食べる、歯石取りをする、フッ素コーティングをするなど、様々な方法があります。

歯科治療の中でも、虫歯を防いで健康な歯を維持する予防歯科はとても大切なことだとして、多くの歯科医院でも推奨されています。

しかしながら、このような方法だけでは万全とは言い切れないため、さらに虫歯予防効果を高めるために「シーラント」と呼ばれる予防方法が今注目されています。

シーラントとは?

シーラントとは、小窩・裂溝予防填塞法(しょうか・れっこうよぼうてんそくほう)とも呼ばれ、生え始めた乳歯や永久歯の奥歯の溝の部分に、フッ素が配合された歯科用樹脂素材(レジン)でコーティングする虫歯治療法です。

奥歯の溝が埋まるので食べ物が溝に埋まることがなく、またプラーク(歯垢)が溝に侵入するのも防げるため、虫歯を効果的に予防することが可能です。

乳歯や生え始めの永久歯を覆っているエナメル質は、まだ若いためその表面は気孔が多く開いており、石灰化が完全ではありません。

特に奥歯に当たる第一大臼歯(6歳臼歯)は、永久歯の中で最も大きく、また最も咬み合わせの力が強く働く歯です。

虫歯予防処理を施さないと、全ての歯が永久歯に生え変わる前に虫歯なってしまう可能性が高いのです。

この歯に限らず全ての臼歯の咬合面(咬み合わさる面)は、多くの溝があり複雑な形状をしています。そのため、歯みがきだけは全ての溝をブラッシングすることは難しく、磨き残しが出てしまいます。これによって虫歯ができてしまうのです。

この虫歯予防法では、フッ素入りの樹脂を使って複雑に刻まれた溝を埋めてしまうため、食べ物やプラークなどが溝に入ることがなく、効果的に虫歯を予防することができます。

小さなお子さんにとって、「歯医者さんは痛いことをされる怖いお医者さん」というイメージを持っていることが多いですが、それは虫歯を治療するため歯を削ったり、麻酔をするため歯茎に注射をして、痛くて怖い経験をするからです。その経験がなければ、きっと「歯医者さんは怖いところ」というイメージにはならないでしょう。

歯が生え始めたらシーラントで予防処置をすることで、虫歯になる機会を減らすことができるため、痛い治療を受けることがなく歯医者嫌いを防ぐこともできます。

歯は一生付き合っていくものであり、永久歯になると二度と新しい歯は生えてきません。そのため、いかに虫歯を作らず口内環境を良好に保つかがとても重要となります。

大切なお子さんの歯を一生守るためにも、シーラントは有効な虫歯予防法なのです。

まとめ

シーラントは乳歯や永久歯が生え始めてから3年~4年の間、6歳臼歯は6歳頃、12歳臼歯は12歳頃に、奥歯の溝に施すことで、虫歯を60%以上の確率で防ぐことが可能となります。

この予防対策には対象となる歯が決まっており、主に上下の第一・第二大臼歯、下の第一・第二小臼歯の虫歯予防に効果を発揮します。

この予防対策は中心結節歯の破折予防にも効果的です。

中心結節とは主に下の小臼歯に1%~4%の確率で起こる歯の異常で、溝部分に神経を持った突起ができます。

これが折れることで痛みが生じ、場合によっては歯茎が腫れることもあります。シーラントを施すことで、中心結節の破折を防ぐ効果があります。

シーラントのメリットとしては、①高い虫歯予防効果があること、②フッ素との併用で更に予防効果を高められること、③歯を強く維持できること、④歯を削る必要が無いこと、⑤保険適用内で費用が安価であること、⑥処置時間が短いことなどです。

シーラントの塗布が不十分だった場合や剥がれかけていると虫歯予防の効果が発揮されず虫歯になることもあります。

一度塗布したシーラントは歯科検診で剥がれていないか必ず確認してもらうようしてください。

医療行為は必ずということがありません。リスクも伴い大きな恩恵もあることを知っておいてください。

またデメリットとしては、①奥歯の溝にしか処置ができないこと、②剥がれやすいこと、③虫歯になる可能性もあること、④定期的な健診が必要なこと、⑤フッ素の安全面に不安があること、などです。

特にフッ素は大量に使用することでその有毒性が認められていることから、親御さんの中にはフッ素による虫歯予防対策に不安を持たれている方も多くいます。そのようなときには、他の方法で虫歯を予防することをおすすめします。

あわせて読みたいブリアン子供歯磨き粉の虫歯予防効果は嘘?口コミします

あわせて読みたい【やっぱ気になる安全性】歯磨き粉はフッ素なしがいい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました